マンガ「君に届け」5巻を読んで

椎名軽穂さんのマンガ「君に届け」5巻を読みました。
風早くんを好きな者同士、恋のライバルとなった爽子とくるみちゃん。客観的に見たらフワフワで可愛らしくて人気者のくるみちゃんと、陰気で友だちのいなかった爽子では、勝負にならないと感じるかもしれません。でもくるみちゃんは爽子が風早くんとカップルになってしまうのではないかと、本気で心配するのでした。それは爽子の本質を見ているからこそであり、そういう点はくるみちゃんと風早くんは似ているなぁと感じます。失恋すると分かっていながら、くるみちゃんが風早くんに告白したのは思ったより急展開で少しびっくりしました。
そして、千鶴とあやねが初めて爽子の家に遊びにやってきます。二人とも見るからに不良っぽい上にあやねのピアスの数に驚いて、動揺しまくる爽子のお父さんがおかしかったです。
また、初めて千鶴の恋について語られましたが、龍のお兄さんのことを一途に想っていたとは驚きです。龍の気持ちを考えるとなかなかに切ないですね。そんな彼らを見つめる爽子もまた、考えるところがあったのかもしれません。刺青を消すには、時間が掛かります